シアリスの副作用

ED治療薬で有名なものの一つに「シアリス」があります。

シアリスの主な効果も、他の有名治療薬、「レビトラ」「バイアグラ」と同じです。

勃起は、性的な刺激を受けることにより、
ペニス内部の「海綿体」と呼ばれる、細かい血管が複雑に入り組んだところへ血液が流れることで起こります。

その為、血行が悪いと勃起不全になりやすくなるのです。

ですので、勃起治療薬には、血行促進する効果があります。

そして体内には、ペニスに血液が流れるのを防ぐ酵素があり、
勃起治療薬には、その酵素を阻害する効果もありますので、
その効果により勃起しやすくします。

勃起を改善する為に、「血液」という身体中を巡っているものに作用するわけですから、
副作用もあります。

それは
のぼせ、顔のほてり、動機、頭痛、めまい、胃腸の悪化
などです。

シアリスの場合、使用者のおよそ30%が副作用を確認したという報告があります。

また、グレープフルーツなど、元々血管を広げる作用のある食べ物と同時に服用すると、
薬の作用を増強させ、後遺症などが残る可能性もありますので、
薬を飲む前に、グレープジュースなどを飲んでいないか、ご確認ください。

また、効果期間中は、軽い視覚症状が現れる可能性もありますので、
運転などの行為も控えることをお勧めします。

↑ ページの上部へ